【レシピ】薄切りバター焼きリンゴ シナモン&バニラアイス添え【簡単デザート】

この記事は約3分で読めます。

どうも、べーこんです。

日常的に料理をしている私ですが、デザートはほとんど作りません。

まあ強いて言えば、大学生の頃に湯煎でプリンを作ったはいいものの、直後に早く食べたいからと冷水に浸してニトリのグラスを粉々にしたのが良い思い出です。

今回はそんな私でもサクッと美味しく作れる簡単デザートをご紹介します。


材料

薄切りリンゴのバター焼き 材料

  • リンゴ(紅玉がおすすめ) 1個
  • 明治エッセルスーパーカップ バニラ 1個
  • バター 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • シナモン 適量



材料はたったこれだけです。

どこまで突き詰めても、このデザートはこの材料だけで過不足なく完成してしまいます。


使うリンゴはなるべく酸味が強いモノを選ぶと、最終的には美味しく仕上がります。

紅玉という皮が真っ赤で、果実は酸っぱい品種がオススメです。

見た目も映えます。


作り方

リンゴを皮付きのまま薄切りにする

リンゴを皮付きのまま薄切りにし、芯を取り除きます。

16等分くらいにカットするのがオススメです。


フライパンにバターを溶かしリンゴを並べる

有塩バターを適量フライパンに落として加熱します。


こちらのニュージーランド産グラスフェッドバターを使用していますが、香りがよくコクがあって気に入っています。

バターはスーパーで一般的な商品を買っても150g400円くらいしますから、それならば通販で大容量で高品質なものを選んでもいいと思います。



リンゴを並べて砂糖を満遍なく振りかける

この時は欲張ってリンゴを2個使ったためにフライパンに収まりきりませんでした。

こうなった場合は適宜上下入れ替えてうまく焼きましょう。

砂糖をまんべんなく振りかけて、リンゴをコーティングしましょう。そのあとはカラメル香が立つように中火で加熱していきます。


好みの柔らかさになったら完成

カラメルの香りがし、表面が透けてきたら完成の合図です。あとはお好みの柔らかさまで加熱しましょう。


明治スーパーカップバニラを用意

主役を冷凍庫から取り出してリンゴと一緒にテーブルにならべましょう。


子供と一緒に作れる超お手軽デザート

さて、焼きリンゴが完成したら、スーパーカップとシナモンも並べて、お好みでコーヒーや紅茶も注いでおきます。

このデザート、

  1. リンゴを切って
  2. バターで焼いて
  3. 食卓にならべる



これだけで完成してしまうという圧倒的手軽さが魅力です。

料理ビギナーや、お子様のキッチンチャレンジにもオススメです!


バニラアイスと一緒に焼きリンゴを盛り付けて、


シナモンをお好みで振りかけると一気にラグジュアリーな雰囲気になります!

焼きリンゴ、バニラアイス、シナモン

これらの相性は本当に抜群なので是非お試しください!



以上、今回はお手軽デザートレシピをご紹介しました。

美味しいリンゴが安く店頭に並ぶこの季節、砂糖やバターがあれば、リンゴ100円、スーパーカップ100円、合計200円で作れてしまいます。

それなのに、皮付きで作ることで彩り鮮やか、見た目にも贅沢に仕上がりますので、SNSでも目立つ一皿の完成です。


サクッと美味しいスイーツが食べたくなったら是非お試しくださいませ。

ではでは。

タイトルとURLをコピーしました