Amazonチャージで1,000円プレゼントキャンペーン
詳細はコチラ

冷凍でも美味しい!失敗しないイクラ醤油漬けの作り方!【ふるさと納税がお得】

この記事は約5分で読めます。
titleikuraIMG_8576

今となってはすっかり日本中に浸透した、最強の節税制度ふるさと納税。

年収や住所に応じて発生する住民税額のうち、その約2割を上限に任意の自治体に寄付することで、寄付額から2,000円を差し引いた金額が翌年の税額から控除されるという制度です。

そして、この制度のキモは、自治体に寄付することで、その自治体から寄付額に対応した返礼品をいただけることでメリットを教授できるというものです!


近年では、ふるさと納税と言いながらも、自治体に関係ない返礼品が乱立されたことで相当額に制限がかかり、多少そのメリットが薄まりつつありますが、それでもゼッタイ利用すべきシステムであることは間違いないでしょう。


私も大学2年生のころから活用しており、毎年その恩恵に預かっております。




自治体や返礼品を選ぶのは毎回の楽しみですが、

なかでも私が必ず選ぶのは、







ikuraIMG_8539

イクラの醤油漬けです!!



私べーこん、ほんとうにイクラが好きすぎて、出張先のホテルを、朝食にイクラがついているというだけでわざわざ駅徒歩20分ほどの場所にするくらいです。

今回は、私がふるさと納税でイクラの醤油漬けを選ぶ理由と、そのイクラをさらに美味しくする一手間レシピをご紹介いたします。




ふるさと納税のイクラは還元率が高い!

ikuraIMG_8546

ふるさと納税でもらえる返礼品の現在の還元率の上限は、寄付額の30%とされております。

例えば、1万円の寄付を行った場合、返礼品の金額は3,000円以下としなければいけないという規制があるのです。

ただし、返礼品の価値は必ずしも決まったモノサシで測れるものではありません。


クオカードや引換券のように、金額が客観的にみて取れる品であれば、その価値は明確ですが、食品や物品などは、産地やメーカー、セールの有無などによってバラバラです。

そこで、今回のイクラの醤油漬けを考えてみましょう。

イクラの醤油漬けをネットで調べてみると、


割高な贈答用や、簡素な内容の業務用などをのぞき、大体が250gで3,000円弱、500gで5,000円弱程度が相場なのが分かります。

一般的なイクラの高級なイメージ通りのラインですね。


スーパーなどで売っている商品だと、その値段はさらに上がるでしょう。

つまり、ふるさと納税の目安としては、

10,000円の寄付で返礼品金額3,000円=およそイクラ300g前後

15,000円〃 500g前後


となります。




しかし、私がいつも選ぶふるさと納税のイクラは、

こちら!

なんと9,000円でイクラが500g入っています!

一概には言えませんが、仮に500gのイクラが5,000円だとすれば、

5,000 ÷ 9,000 × 100 = 約56% の還元率となります!



ちなみに、私は例年12,000円程度の寄付額でイクラ500gほどを手に入れているのですが、今だけ9,000円で選ぶことができてしまいます。


しかも楽天ふるさと納税では楽天ポイントがしっかり100円につき1ポイント貯まってしまうんですから恐ろしい…


というように、イクラが大好きな私は、毎年このようにイクラの醤油漬けをふるさと納税で手に入れているわけです。



イクラの醤油漬けの醤油漬け!

ikuraIMG_8569

イクラの醤油漬けは、その名の通りすでに醤油漬けされたイクラが、パック詰めされているので、解凍すればそのまま食べることができます。

しかし、大抵の場合は若干しぼんでしまっていることが多いんですよね、



そんなときは、

もう一度醤油漬けにしてしまいましょう!!




というわけで、醤油漬けのタレのレシピは次項に続きます。



プチプチ食感のイクラの醤油漬け 

材料

イクラの醤油漬け 材料

  • イクラ 100g
  • 濃口醤油(ダシ入りや九州醤油でもOK) 大さじ2
  • 日本酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 白だし 小さじ1/2弱



作り方

ikuraIMG_8552

1. 材料を全て煮立たせ、アルコールを飛ばします。若干とろみがつく程度が目安です。




ikuraIMG_8554

2. 常温以下になるまで冷まします。



ikuraIMG_8561

3. 容器は煮沸するか、アルコールであらかじめ殺菌しておきます。私が愛用しているIWAKIの耐熱ガラス容器は開け閉めが楽で、かつ清潔に保ちやすいシームレス構造なのでおすすめです。



ikuraIMG_8570

4. 容器にイクラとタレを入れ、冷蔵庫で1日程度漬け込んだら完成!



イクラの醤油漬けはふるさと納税で楽しもう!

ikuraIMG_8578

イクラの醤油漬けを作る際に、ときどき発生するのは、

醤油タレに漬け込んだらしぼんでしまった…

という問題です。

これはイクラの中にタレを浸透させたいのに、逆にイクラの成分が外に出てしまうことで起こる現象です。

この現象に深く関わる作用に浸透圧という原理があります。

今回の事例をもとに簡単に説明すると、イクラの膜を隔てて、塩分濃度の低い液体は、高い液体へ移動するというものです。


イクラがもししぼんだまま、復活しなかった…

という場合、多くのケースではタレの塩分濃度が低いことで、イクラの中へタレが入りすぎることで破けてしまっている可能性があります。

今回のレシピの分量で作れば基本的には成功すると思いますが、どうしてもうまく行かない場合は、タレの塩分濃度を少し上げてみると良いと思います!


というわけで、今回は、ふるさと納税でお得に手に入れたイクラの醤油漬けを、より美味しくして食べよう!という内容でした。

今年は是非、ふるさと納税でイクラを思う存分堪能してみませんか?

ではまた!



↑ 楽天ふるさと納税を利用するときは楽天カード決済がゼッタイお得です!






コメント

タイトルとURLをコピーしました