Amazonチャージで1,000円プレゼントキャンペーン
詳細はコチラ

心斎橋の「クリスタ長堀」に立ち飲みスペースやミニスーパーが新登場! その名も「KURAPERO」(クラペロ)

この記事は約5分で読めます。

年が明けて早2週間が経過しました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私べーこんは、半年以上前に病気から回復した上司の快気祝いを先週開きました。使える部下をアピールしようと健康に良いマクロビ系のおばんざい屋さんに招待したのですが、どうやら今回は焼肉とビールの気分だったようです。

さて、そんなアンタイムリーマンがこの度レポートするスポットは、大阪はミナミの繁華街心斎橋の地下街に位置するショッピング街「クリスタ長堀」。

こちらは大阪メトロ長堀橋駅から四ツ橋駅までを地下で結ぶショッピングストリートですが、つい先日とある一角がリニューアルオープンされました。

新エリアはその名も「KURAPERO」(クラペロ)!

長らく工事中だったこのエリアがどのように生まれ変わったのか、サクッとチェックしていきましょう。

KURAPEROの由来

2019年12月6日にオープンしましたKURAPERO。
その名の由来は、”蔵”+”アペロ”とのこと。

“蔵”は江戸時代にかつて流れていた長堀川の岸辺に軒を連ねていた蔵。
“アペロ”とは、フランス語で食前酒の意味。

異文化ミックスによって生まれた素敵な造語ですね!

KURAPEROの概要

オープニングショップスはご覧の通りとなっております。
全部で14店舗です。
飲食店や食料品店がメインですね。

従来はアパレルやツーリストアイテムなどを扱うお店が並んでいたのですが、改装されてからは統一感が出て、かつお洒落な外装が施されたことで雰囲気が明るくなりました。

まさに仕事帰りのアフター5にKURAPEROしたくなる、そんなアベニューです。

気になるお店3選

①ヴィクトワール クラペロ店

コンパクトな店内にいろんなパンが並んでいます。
考えてみればこの辺りにはパン屋が少ないかも。
特に気になるのは看板メニューの「とろけるブリオッシュ」。
あとはこだわりを感じるオリジナル食パンでしょうか。
地下街の貴重なブーランジュリーです。

②立ち食い寿司 ぷら寿

「帰りに何貫か摘んで帰りますか?」

そんな欲望に答えてくれる立ち寿司バルです。
16時から始まるちょい呑みセットは、

  • スーパードライ エクストラコールド
  • 赤ワイン
  • 白ワイン

からお好きなアルコールを一つ選んで、お寿司盛り合わせがおまかせでついてくるお得なセット。税抜800円なり。

ちょっとしたアテとアルコールのセットも税抜455円とリーズナブルにサクッと楽しめます。遠目で見た感じはネタの発色も良さそうだったので、今度摘んでみようと思います。

③MISUGIYA+(ミスギヤプラス)

個人的に一番気になったのは、
デリカ&グローサリーをメインとした、小さめスーパーのMISUGIYA+(ミスギヤプラス)

私べーこんは心斎橋周辺に住んでいるのですが、帰り道に生鮮食品を扱うお店が少ないのが不便に思っていました。
そんな中、シーズン中に突如加入してきた外国人選手のように、現れた救世主がこのお店。

まず目に飛び込んできたのはこちらの目玉商品。
意外と知れらていませんが、ブロッコリーの旬は11月〜3月。

まさに旬を迎えた緑の戦士がまさかの100円という破格のオファーを受け入れてクリスタに降臨されました。

タイムサービスとはいえ、こんな魅力的な商品が並んでいると立ち寄りたくなりますよね!

他のお野菜・果物もなかなかの充実ぶりです。
こんなお店を待っていた!

お肉も並んでいます。
際立って安い訳ではないけれど、オール国産で品質は良さそうです。

塩麹で仕上げた唐揚げが一押しのようです。
一つ一つパッキングされていますが、透明な樹脂のバリアを突き抜けてジューシーなそれを容易に想像するには十分な香ばしい香りが鼻に流れ込んできます。

デリカも充実です!

最短ルートでサクッと買って家まで帰りたい。でも妥協はしたくない。お酒も欲しい。そんな希望をかなえてくれる充実のラインナップ。

ヤッホーブルーイングのクラフトビールをはじめ、個性的なお酒も並んでおります。こちらには写っていませんが、ワインや焼酎、ウイスキーもありました。

視覚的にも魅力的なメニューの数々に心と胃袋を奪われる女性も多そうです!

イートインスペースも充実!

eat space

パンやデリカを手に入れたらその場でサクッと食べたい!

そんなオーダーにも応える工夫されたイートインスペースも併設されています。
クリスタには所々に座って休憩できるスペースがあるのですが、今回グルメ施設と一緒にオープンしたこちらのエリアはまさに大活躍間違いなしの区画。

写真に撮ったテーブルエリア以外にも、ベンチエリアやスタンディングエリアなど、様々な使い方ができるよう作られております。
全部スタンディングにしてもいいのではとも思いましたが、写真のようにやっぱりテーブルで食べたい人も多いようです。
限られた場所に用意されたユーザー目線の心遣いにちょっと感動しました。

サクッと寄りたい地下マルシェKURAPERO

kurapero

KURAPEROをささっと紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

記事を書きながら思ったのですが、心斎橋は雨に降られたら避難する場所が心斎橋筋商店街かクリスタ長堀くらいしかありません。
特に近年は訪日外国人の方々も増えてきて、商店街は激混み必死です。

一方クリスタに関しては、意外と空いています。
既存施設としてはスタバやDEAN&DELUCAがすでにシェルタースポットとして活躍していますが、KURAPEROもそんな時にフラッと利用したくなる場所として愛されるのではないかと思いました。

無印良品や輸入食品店のジュピター、書店のブックファーストなど、他にも楽しいお店が盛り沢山の隠れ名所クリスタ長堀に新たに加わったKURAPERO。

心斎橋に立ち寄った際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました